医療脱毛の困ったところ

効果的ゆえに刺激がより強い

医療機関での全身脱毛は非常に効果的で、優れた減毛効果を期待できます。エステ脱毛の2倍以上の処理能力を有しているので短期間でツルツルにできるというメリットがあります。しかし、エステほど気軽に利用できないのは欠点かもしれません。エステ脱毛は美容ケアに分類されるのに対して、医療脱毛自体が医療行為に該当しますので、病気で治療を受けるのと同じ扱いになるのです。また医療脱毛では医療レーザーを使用することが多いですが、高出力のため痛みを感じる人が少なくありません。バチバチとした刺激がある、輪ゴムで弾かれた感じがするなどのコメントが多く寄せられています。脱毛効果がエステより高い分だけ痛みが強いのは、困った点のひとつといえるでしょう。

サービス全般はエステに負ける

最近は医療機関で全身脱毛を受ける人が増加しています。クリニックが積極的にテレビCMで宣伝するようになったためですが、エステより1回あたりの料金は高額になります。また支払い方法がエステほど多くはない、予約システムが構築されていない、などの問題もあるのです。最近の医療脱毛は全般的にサービスが充実してきていますが、まだエステには及ばないのが現実です。接客対応や割引制度、おもてなしなどはエステのほうが優れているケースが目立ちます。それゆえ気軽に脱毛したい場合は向いていないと感じる人もおり、エステ脱毛を選択するケースが少なくありません。医療機関での全身脱毛の場合、フェイスやVIOなどの繊細な部位も含むと高額になる問題もあります。